前撮りするならネイルも忘れずに

結婚式を行う場合、写真撮影を披露宴や式の当日に同時進行で行うということもできます。その際、式場に入る時間も早くなりますし、お色直しをしてしまうと、もうウェディングドレスや白無垢では撮影できなくなりますので、素早く撮影しなければなりません。式が終了しても、二次会があるのに写真撮影をしなければならず、とても忙しいと体験されている方も後悔している傾向があります。 そこでおすすめなのが前撮りです。事前に撮影をすませておくことで、当日は撮影のことを考えなくて良いですし、ドレスや和装など、式当日と違うものが着られるというメリットもあります。またロケーション撮影などもできます。式に合わせて準備をされている方も多いと思いますが、指先も写りますのでネイルもすることで、より華やかになります。

意外と忘れがちな指先の準備をしっかりと

結婚式の撮影を前撮りで行うということが決まったら、ドレスのチョイス、また式でドレスを着るようでしたら色打掛や白無垢をチョイスするのも良いでしょう。結婚式の時と違うものが着られるというメリットもありますし、ゆっくりと撮影ができますので、思い出に残る素敵な写真をたくさん撮ってもらいましょう。 また、意外と忘れがちな準備として、指先のお手入れがあります。指輪を忘れずに持参するということもありますが、指先はリングと一緒に撮影したりすることも多いので、女性はハンドのお手入れも忘れないようにしましょう。ハンドクリームを塗ったりして保湿をするのも良いですし、あとはドレスやその時に選んだ着物に合わせてネイルもサロンなどで仕上げてもらうのも良いでしょう。

結婚式の撮影を前撮りでするメリット

結婚式の時には、撮影を依頼されるケースが多いのですが、それは結婚式や披露宴の思い出として撮影をしてもらうのが目的の方がほとんどです。もちろん1度で記念として残す用に二人で撮影をしてもらうことも可能ですが、時間があまりゆっくりとれないというのも現実としてあります。ですから、できれば式よりも前に撮影を別日でとって行う方が理想です。 時間もたっぷりありますので、思い思いのショットを撮影することができます。また、その撮影した写真を、ウエルカムボードで使うといったこともできます。当日ドレスを着るのであれば、撮影では着物を選ぶのもよいですし、ヘアスタイルをかえてみたり、色々楽しむことができます。ドレスはめったに着る機会が無いという方は、色々なドレスを着るチャンスでもあります。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加