前撮りの流れとそれまでに準備をしておくこと

結婚式は、お互いが夫婦として生きていくことを誓う神聖な儀式でもあり、二人の家族、親戚、友人に結婚したことをお披露目する大切な日です。結婚式を行うことで、夫婦になったことを身をもって実感できる場にもなります。 しかし実際には、結婚式当日は新郎・新婦ともに緊張と時間に追われバタバタして自分たちの姿をゆっくり見ることができませんし、当日はドレスも1時間も着ていないこともあります。また、衣装や髪型についても事前の話し合いがありますが、数回しかなくイメージを伝えることも難しいこともあります。 そのために、事前に衣装をきてイメージをつかんでいくことが大切になります。前撮りは、結婚式の事前練習になります。ぜひ、前撮りを利用して当日最高の1日を過ごせるようにしておきましょう。

予約から撮影当日の流れについて

まずは、予約を行います。外での撮影になると、時期が限られてしまいますし自分たちが希望したい日にちに他の予約がいっぱいでできなかったということもあります。早めに予約をしておきましょう。予約をしたら、当日までに撮影の打ち合わせを行います。撮影場所については、二人の思い出の場所や季節ごとにおすすめのロケーションがあるので、スタッフと相談しながら決めていきます。 次に、衣装を決めます。和服やドレスなど新婦の好みや似あう色をスタッフと一緒に決めていきます。その時に、自分の好みをしっかり伝えていくことが大切です。最後に撮影になります。当日はプロのメイクさんがメイクを行いますので、薄めの化粧、またはノーメイクで来店することをおすすめします。当日は1日撮影になりますので、当日の雰囲気も少し味わうことができます。

当日までに準備しておくとよいもの

当日までに準備しておくものとして、どんな写真をとりたいかイメージすることが大切です。最近は、結婚式のグッズを自分で作成している人が多いです。ガーランドやヘッドアクセなど最近は、サイトで作り方を教えてくれるところもあるので、参考にしてみてもよいでしょう。また、二人の思い出の写真やぬいぐるみなどを持参するとよいでしょうか。スタッフの人に相談すれば愛犬なども一緒に写真を撮ることもできますので、是非相談ください。 当日の衣装などに合わせて、グッズを作成するとまとまりのある素敵な写真になりますので、早めにイメージを決めて作成しておくとよいでしょう。 グッズなんて作れないという人は、お店にもたくさんの小物がありますので安心できます。2人の素敵な写真をたくさんとって素敵な前撮りにしましょう。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加