一生の記念になる前撮り写真を残そう

結婚式は一生に一度とはよく聞く言葉です。確かに結婚は何度かする人も珍しくありませんが、結婚式をその都度行う人というのは少数派でしょう。まさに結婚式は、新郎新婦の二人が人生で一番美しく輝く日です。そのため、結婚式には徹底的にこだわるという新郎新婦は数多く存在します。結婚式の料理や引き出物はもちろん、音楽や式場を飾る花にもこだわります。そして忘れてはいけないのが、新郎新婦の衣装です。 特に新婦に関しては、花嫁衣装に身を包む一生に一度の機会です。絶対に後悔することのない衣装で結婚式を迎えたいと、花嫁ならば誰もがそう思います。ウエディングドレスと披露宴のお色直しにカラードレスを着用する場合は一番多いと思いますが、それだけでは満足出来ない花嫁も数多く存在します。

結婚式の衣装は誰でも迷うものです

もちろん結婚式と言えば、純白のウエディングドレスがすぐに思い浮かび、女性達の永遠の憧れです。どんなウエディングドレスに身を包むか、それこそ徹底的に試着を繰り返し、運命の一着を探します。華やかなカラードレスもウエディングドレス同様に、結婚式でなければ普段着る機会はまずありません。そうして気に入るウエディングドレスとカラードレスを決める事が出来ると嬉しく安心します。 けれど、どこか落ち着きません。それは日本に伝統的に伝わる花嫁衣装にも身を包みたいと思う気持ちがあるからでしょう。自分の母や祖母たちが身を包んできた白無垢や、色打掛などに憧れがあるのも当然です。ウエディングドレスやカラードレスも着たいけれど、同じくらい和装の花嫁衣裳も着用したいという花嫁がいるのは当然です。

前撮りはロケーションにこだわりましょう

そんな和装の花嫁衣裳も着用したいと強く願う女性におすすめなのが、新郎新婦が和装に身を包み写真を撮ることです。結婚式の前に撮ることがほとんどなので前撮りと言われますが、和装に身を包んでいる状態をプロのカメラマンに撮影して貰うことで、一生残る写真になります。その写真を結婚式の際に招待客に見て貰うことも可能です。 前撮りはスタジオ撮影でも問題はありませんが、出来れば外の風景の中で撮影することをおすすめします。撮影するロケーションにこだわると風情が増して、更に良い写真になります。特に美しく歴史ある街並みを残す場所を撮影場所に選ぶと、和装ともピッタリでスタジオ撮影では得ることが出来ない雰囲気が醸し出せます。年を重ねてから見返しても、きっと良い写真だと感じることが出来る写真を残すことが出来るはずです。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加